アヴァターラ

フールは、消えた従姉(いとこ)を探すため、人間界に戻ることになった。


目次 > 天界へ > Page04 アヴァターラ

 

まだ扉は開いている。大丈夫だ。

なるほどエレンコスは、こんなふうに時空の扉から向こうの世界に行ってしまったらしい。

人間界に続く道

フール
フール

僕は人間の世界しか知らずに育ったけど、ここは不思議な世界だね。パパ。

天智玉
天智玉

ここは神だけが行き来できる深淵(ビュトス)の次元だ。地上の時空間で生きている人間や他の生物たちも皆、意識の深いところではこの世界とつながってかかわりを持っているんだが、表層ではそれを認識することがない。

フール
フール

人間たちには目で見えているものが全てだよね。

天智玉
天智玉

ところが意識の底でつながっているこの深淵なる多層宇宙は、訓練することで第三の眼を開き、人間も表層で認識したり介入したりすることができるようになるんだよ。

フール
フール

祭司(マギ)とか聖賢(リシ)とか僧侶とか、一部の不思議を起こす人たちは、それができているんだね。

天智玉
天智玉

そういえば昔、出家してひたすら座禅をしていた坊さんが、この世界に通じて悟りをひらいたらしいのだが、その弟子たちはこの多層宇宙のことを『三千大千世界』と呼んでいたらしい。

フール
フール

三千は数字の3000ってこと?

天智玉
天智玉

いや、ひとつの世界が1000集まったものを『小千世界』、『小千世界』が1000集まったものを『中千世界』、『中千世界』が1000集まったものを『三千大千世界』と呼ぶらしいんだ。つまりこれは1000の3乗を意味する。計算すると10億のパラレルワールドがこの世にあるってことを言ってるらしい。

フール
フール

10億どころか僕には無限にあるように感じられるけどなぁ。

天智玉
天智玉

この教えが広まった時代の『零』や『無限』の概念は現代とはまるで違うから、1000の3乗なら無限に近いことを意味していたんだろう。この宇宙の構造は自己相似が限りなくつづく永遠回帰の世界だから、無限のように見えるけど、しかしどこかに限りがないと宇宙という閉じた世界が成立して行かないと思わないかい?

フール
フール

それもそうだけど・・・パパは石に閉じ込められてずっと動けなかったのに、よくそういう細かいことわかるんだね。

天智玉
天智玉

そうさ、今はインターネットというやつがあるだろう?いながらに情報を網羅できるあれはまさに多層宇宙の縮小モデルだよ。私の守護者はそういうものを使っていろいろなことを調べていたが、最近その世界では人工知能が発達しているようで、人間は人間で神に近づこうとしているように見えるよ。

フール
フール

それも多層宇宙の相似形が入れ子になる法則が働いているんだね。

異次元の扉

フール
フール

ところで今、そこに開いている10億分の1の扉は、まちがいなくあのおねえさんのいる世界に通じているよね。

天智玉
天智玉

大丈夫だ、閉じてしまう前にさぁ入ろう。

ウィルさんはお仕事中・・・
フール
フール

おねえさん、再びこんにちは。

ウィル
ウィル

ぎょぎょっ?何で?消えたり現れたり。一体どこからなの?

フール
フール

驚かせてごめんなさい。実はおねえさんに聞きたいことがあるのだけど・・・

今日はスタッフがお休みでよかった。こんな場面に出くわしたらいろんな意味で大騒ぎだわ。

などと、この事態を冷静に考えているウィルさんだった。

ウィル
ウィル

何?聞きたいことって。

フール
フール

ある日突然犬がここに現れたりしなかったですか?

ウィル
ウィル

え?犬?何で?

フール
フール

実は僕のいとこが迷い犬になってしまったみたいで。

ウィル
ウィル

ちょっとまって、ちょっとまって。いとこが犬って・・・それじゃぁあなたも犬なの?・・・まさか、ああ、キツネ?だからドロンするのね?これはしたり!尻尾は三つ?九つ?

九尾のキツネ
ウィルさんの頭の中

心霊現象ならめずらしくもないけど、妖怪は初めての体験だわ。これは難題だぞ。

ウィルさんは普通の人が考えないことを普通に考え始めた。

フール
フール

いや、僕は犬とかキツネじゃなくて人間の変態(へんたい)・・・

ウィル
ウィル

な、何ですってヘンタイ?け・・・警察呼ぶわよ。あっち行って。

これは女性として普通の反応だった。心霊や妖怪を許容するウィルさんでも、変質者は許容できないらしい。だが、自分を変態呼ばわりするヘンタイはいないだろう。

 

フール
フール

待ってよ、おねえさん。話を聞いて、お願い。

ウィル
ウィル

ヘンタイの話を聞いてどうするのよ。

さすがにフールも予想外の反応におどろいてしまった。

いけない、いけない、日本では生物学用語と同じ『変態』という用語で変質者を呼ぶのを忘れていた。

 

アブノーマル変態
アブノーマル
フール
フール

アブノーマルの『変態』じゃなくて、メタモルフォーゼの『変態』だよ。

ウィル
ウィル

メタモルフォーゼ?え?・・・え~っっっ!?それじゃキツネでもヘンタイでもなくて、もしや昆虫妖怪だったの?

メタモルフォーゼ変態
メタモルフォーゼ
フール
フール

ちがうよ、妖怪じゃなくて神さまだよ!

ウィル
ウィル

何よそれ?自分を神さまなんていうヤツはほとんど妖怪かヘンタイなんじゃないの?

そうか、僕って神族の自覚がないから、自分に『さま』つけちゃってるよ。まいったな。

フール
フール

だったら、アバターなら知ってる?

ウィル
ウィル

アバターって、あの映画の?

映画のアバター
アバター
フール
フール

あの映画みたいに、僕たちの実態は別のところにあるんだよ。この肉体はゲノムがあればどんな形にも変態する借り物なんだ。神さまが形態を変えること、つまり僕のいう『変態』は『アヴァターラ』というんだけど、映画『アバター』の語源はそこからくるんだ。そうだ・・・そうそう確か日本では『権化(ごんげ)』と言えばよかったんだね。神格は変わらず姿を変えて環境に適応していくの。僕たちのアバターは昆虫と同じように(さなぎ)の中で全く違う形に変態することができるんだ。蛹になるたびに若返るから不死なんだよ。

ウィル
ウィル

それじゃ、権化する神さまって、マジで完全変態の昆虫だってこと?

フール
フール

昆虫だと成虫の寿命が短いでしょう?昆虫じゃなくて、もともとは『(りゅう)』だよ。哺乳類や爬虫類でもなく、飛翔器官があるけど昆虫類でも鳥類でもない。

ウィル
ウィル

りゅう?あれは空想とかじゃなくて、リアルな神さまだったの?

昆虫 vs 恐竜
ウィルさんの頭の中
ドラゴン
フールの頭の中
フール
フール

時代背景とか地域によって龍は神だったり悪魔だったり微妙だけど・・・大丈夫だよ、僕は人間に悪さをしないから。僕は人間のゲノムで、いとこは犬のゲノムで『権化(ごんげ)』しているだけのことなんだ。

ウィル
ウィル

じゃぁ、お父さまは石に『権化』したってこと?

フール
フール

いや、これはまたちょっと違うんだ。石にはゲノムがないから生物学的に『権化』はできないんだよ。これは閉じ込められている、っていうのが正しいのかな。

ウィル
ウィル

よくわかんないけど、ともかく私は今『権化』した神さまとご対面しているってことなの?へぇ~。それなら私は預言者?神さまと対面するって、つまりキリストさんやムハンマドさんみたいなことでしょ?

フール
フール

いや・・・おねえさんは預言者じゃなくて、守護者らしいよ。向こうの世界で門番やってる叔母さんが、それを自覚して欲しいって言ってた。

ウィル
ウィル

何?それ。勝手に守護者とか、自覚しろとか、意味がわからない。

フール
フール

神族とは言っても、僕はずっと人間界で暮らしていたから神さまとしての自覚はないし、いろんな事情がわからないんだ。それで神さまたちのいる世界に行って、過去のことを知りたい思うんだけど、それにはいとこを連れ戻さないといけないんだ。彼女はここの異次元ポケットから現れているはずなんだけど、心当たりはないですか?

ウィル
ウィル

あるわよ。

フール
フール

ホント?どこに?

ウィル
ウィル

マイホーム。ここにはいないの。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。